試験勉強をする

登録販売者の試験勉強をするために、通信教育で対策している人が多いです。通信教育で受験勉強をして様々な資格を取得している人がいますが、登録販売者も通信教育の教材を使って勉強することができます。通信教育で勉強することのメリットは、既にカリキュラムが成立しているので、その通りに勉強することで効率良く受験対策のための勉強をすることができます。その代わりに費用がかかるので、受験対策の勉強のための予算を見極めて通信教育で勉強するかどうかを判断してください。

もし通信教育で勉強することができない人は独学でも十分に合格を狙うことができます。厚生労働省では登録販売者の試験に関する「登録販売者試験作成の手引き」を作成しています。毎年新しい手引きが発表されますので、この手引きを見ながらどのような内容の問題が出そうかを判断するようにしてください。そうすることで自分自身で出題範囲を理解しながら受験勉強をすることができます。

独学では通信教育のように対策のためのカリキュラムが組まれていない状態で勉強を始めることになります。そのような状況の中で過去問を解くことも、試験の傾向と対策を把握する上で重要なポイントになります。独学なので自分が納得するまで勉強しなければいけないということを十分に理解してください。そして自分の空いている時間を有効に使って登録販売者のための試験対策をするようにしてください。