試験対策をする

今人気がある資格が、薬局などで働く際に活かすことができる登録販売者です。この資格を取得するには試験に合格しなければいけません。国家資格に区分されていて、各都道府県で年に1回から2回試験が行われます。試験内容は各都道府県で異なります。そのため難易度にバラつきがでないように、厚生労働省でガイドラインを作成しています。それを基にして試験問題が作成されています。

登録販売者の試験に合格するために、どのような試験問題が出題されるかを理解しなければいけません。基本的に出題される内容の傾向は決まっています。医薬品に関する基礎知識、人体の働きと医薬品の関係、医薬品の作用、関係する法律や制度、医薬品を適正に使用するための安全対策などの範囲から出題されます。

登録販売者の試験の問題数は120問と多いです。試験時間は240分と長丁場になるので、時間配分に気をつけて集中力を欠くことなく試験に臨む必要があります。登録販売者の合格ラインは70%以上となっています。この試験に合格をしたら良いというわけではなくて、登録販売者として働くには販売従事登録をする必要があります。各都道府県で販売従事登録をしてから実務経験が2年以上必要になります。