登録販売者になろう

薬局やドラッグストアが増えている中で、消費者はもっと便利に薬を買いたいという思いがあります。急に熱が出たり腹痛や頭痛を発症したりすることもあるので、症状が出たときにすぐに薬が欲しいと思ったら、扱っているお店が閉まっているというようなこともあります。そのために24時間営業をしているコンビ二で薬を販売しようという流れになって、今大手のコンビ二では登録販売者を配置して、かぜ薬や鎮痛剤などに分類される一般用医薬品を扱えるようになりました。

常に薬が欲しいというタイミングで購入したいと思っている人が増えているからこそ、様々なお店で扱えるようになればなるほど、登録販売者の重要性が高まっていきます。ちょっとした病気や怪我であればわざわざ病院に行かなくても症状を治すことができます。そのために一般用医薬品が大きな役割を果たします。その薬を扱えるからこそ薬剤師ではなくて、登録販売者の役割が大きくなっています。

登録販売者は就職先や転職先も幅広くあるということもあり、お客様の健康をサポートするとてもやりがいを感じることができる仕事をすることができます。扱える薬は限られていますが、一般用医薬品も幅広い薬があり、それを必要としているお客様に提供します。