登録販売者の役割

薬事法が改正されてから、登録販売者の需要が高まっています。消費者はもっと身近に利用できるお店で薬を販売してほしいと思っています。病院に行かなければもえらない薬であれば薬剤師しか調剤することができませんが、全ての患者がそればかりを求めているわけではありません。多くの人がもっと手軽に買える第二類・第三類医薬品に分類される一般用医薬品を購入しています。

本来であれば一般用医薬品であっても、薬剤師から説明を受けることで安心して購入することができますが、薬局やドラッグストア以外でも薬を販売することが可能になっているので、全ての店舗に薬剤師を配置するのは困難です。そのためにもっと身近に患者と向き合えることができる登録販売者の重要性が増えてきています。

薬を販売しているお店であれば、その数だけ薬剤師を配置すれば問題ありません。
しかしそれが現実的ではないからこそ、多くの人が手軽に購入したいと思っている第二類・第三類医薬品に分類される一般用医薬品を扱うことができる登録販売者を採用したいと思っている企業が増えています。登録販売者の資格を持っていることで就職や転職が有利になりますし、資格手当をもらうこともできます。

そして何よりもお客様目線で薬のスペシャリストとして、求められている商品を的確に提供することができる位置で仕事をすることができます。当サイトでは今注目されている登録販売者について解説をしています。この記事を通じて多くの方にこの資格の特徴やメリットを知っていただけたら幸いです。


▼ 管理人おすすめサイト ▼
需要が高まっている登録販売者ですから、求人数も多いです。こちらのサイトには、全国の登録販売者の求人情報が掲載されています ⇒ 登録販売者 求人